フリーランスの常識となるクライアントの意向

IT業界で仕事をしてきた方の中には、「今まで、勤めていた企業の方針に沿った仕事しか出来なかったから、これからはフリーランスとなり、自由に仕事をしていきたい」と考えている方も多いと思います。企業に勤めている際には、やはり仕事をする際にも窮屈に感じていた方が多いでしょうから、フリーランスで「もっと、やりがいのある仕事をしよう」と思っている方も多いと思います。しかし、この思いだけで突っ走ってしまうと、失敗してしまうことになります。

では、フリーランスの常識ともなる、クライアントの意向について、ご紹介しましょう。フリーランスで仕事をする際には、何よりも仕事を取らなければ収入はありません。ということは、いかに仕事を得るかが重要となってきます。「知り合いがいるから、大丈夫」と思っている方もいると思いますが、仕事を受ける際自分の思いばかりを通してしまうと、次から仕事が来なくなってしまう可能性もあるでしょう。

フリーランスとして仕事をするためには、何よりもクライアントが求めているものを提供することが重要。そのため、「フリーランスになったのだから、自由な発想で仕事をしたい」と思っていても、クライアントの意向にそぐわなければ受け入れてももらうことは出来ないということ。フリーランスとして仕事をする際には、コスト面なども考えながら進める必要がありますから、それらも考慮した上で提案していくことが求められます。自由度が高く、個性的なものというのは、興味は沸きますが企業としては発注する可能性は低いということ。

当然、そうなれば収入も得ることが出来なくなってしまいます。
このように、IT関連の仕事をフリーランスとして受けるのであれば、何よりもクライアントの意向に沿ったものを提案することが重要となり、それが収入へと繋がり、次の仕事へと繋がることになります。信頼関係が築くことが出来れば、次の仕事なども依頼されるようになり、安定収入なども作ることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です