エンジニアの結婚成功例

年収が他の業種と比べて高いとされるIT業界ですが、仕事がきつい、時間が不規則などあまり歓迎されないイメージも強いようです。
そんな業界に身をおくITエンジニアにとって将来設計、特に結婚について「いつかはしたいと思っているが、今の状況ではイメージしにくい」といった声が多いようです。

ITエンジニアでなくとも、独身者にとって結婚は人生にとって大きなテーマです。
しかし、残業が多く休日出勤も当たり前という現実が「結婚相手との出会いが無い」、「出会えてもタイミングを失ってしまう」という状況を作り出してしまっているようです。
しかし、そうはいってもすべてのITエンジニアが結婚できないわけではありません。25歳~39歳までの既婚者を対象とした結婚に関する調査がありますので、そこからエンジニアの結婚事情を見てみましょう。

まずは出会いのきっかけです。
同じ職場、知人の紹介が全体の半数を超えており、職場内のコミュニケーション能力を高めておく必要があるようです。
結婚を決意したきっかけについての質問には、半数以上が何となくと答えています。授かり婚、いわゆるできちゃった結婚も1割近くいますが、あまり気負わないほうが良いのかもしれません。

では、実際に結婚した平均年齢はどうでしょうか。
これは28.3歳と割と世の中の平均値と大きな差は無いようです。
また、夫婦の年齢さも約2.3歳ですので、こちらもITエンジニアだからといった特徴はありませんでした。
ついでに姉さん女房率について2割以上が該当するという結果ですが、この理由は定かではありません。

結婚相手の職種について、同じ職種のエンジニア、違う職種のエンジニアを合わせると28%となり、4人に1人がエンジニアを選んでいます。
他の職種で見ますと、事務職が圧倒的に多く、続いて看護師のような医療系、福祉系の職種です。

さて、肝心の結婚時の年収についてですが、平均は456万円。
平均貯蓄額は283万円だそうです。
他の職種から見れば羨ましく映りますが、中には貯蓄額1000万円の回答もありました。もっとも、6人に1人が貯蓄額0と答えており、いったいの格差が見て取れます。IT業界におけるこの格差とは一体なんなのでしょうか。
プログラマやシステムエンジニア、コンサルタントといった職種や経験年数、はたまた企業勤めかフリーランスといった働き方なのか、気になるところです。

フリーランスとして稼動している方はどうしても収入の不安定さを理由に結婚に足を踏み出せないという方もいることでしょう。しかし、いま時代は「フリーランスエンジニアの結婚事情」のように独立応援サイトなども豊富に出回っています。自分にマッチする情報をしっかり収集して、幸せな結婚生活を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>